2015年1月9日金曜日

阿弥陀堂だより

やさしい香りの邦画を見ました。

「阿弥陀堂だより」
すこし前の映画です。

人がひとを思いやるとは、同じ目の高さで向きあい、その人を想い、その人との時間を大事にすること。
そのようなことを言われたような気がしました。

数日前にも「雨あがる」という映画を観て、
「この人が何をやったかではなく、なんのためにそれをやったかと言うことを大事にしたい」
というような台詞にじーんときていました。

そういえばどちらも寺尾聰が出ていましたね。

「ミスト」を観ようとネットに向かい合ったのですが、やはり見る気がおきませんでした。
ホラーはどうしても苦手です。

障害のある人生

今日、ある方と自立についてのお話になりました。 先日ここに書いた内容のことを話したんだけれど… 以前からお付き合いのある彼女は、本に残して欲しいと言います。 私も書けるものならかきたいけれど、 どうやって書いていいかわからないというか、イメージがわかないというか、 ...