2017年5月20日土曜日

花田春兆 様

今日も昨日も本当によく晴れました。

昨日は、早めに伺わせていただいて、失礼いたしました。いろいろ考えると、どうしても約束の時間より早く行った方が、いいように思ってしまったのです。前もってお電話して、周りを考えての判断のつもりでしたが、もしかしたら私本位な行動だったのかもしれません。

初めてお会いしたのは、某企業が主催した障害者リーダー育成のための研修旅行でした。

私は英語力がないので、毎年行われる障害者リーダー養成のための留学試験に、落ちるばかりでした。
その事業の10年の節目に、2週間の研修旅行に選抜してもらい、参加しました。
貴方はその時の団長でした。
その前にもしかしたら、「折れたクレヨン」などを読んでいたかもしれません。

研修旅行の後、何回か詩の勉強会に通ったことを覚えています。終わった後だったか、始まる前だったか、マックのポテトのエルサイズを買って食べられていて、いつも少し分けていただいていたように思います。

私はそのあと実家を離れ、ピアカウンセラーとして活動が始まり、思わぬところで違う形でのご縁がありましたが、なぜだか、風の便りにお話を伺うことが多くなりました。

昨日伺ったときに、友人というところに丸をつけさせていただきましたが、私にとって先生は、文学家であり、俳人であり、文章表現についての心の師でありました。

最後のお別れの日に快晴の二日間を残して、私のように時間より早く伺った者にも、暖かく受け入れていただきました。

著作を読み返し、勉強しようと思います。
ありがとうございました。
ゆっくり休まれて、今生のお疲れを癒されますように、心からお祈り申し上げます。

2017年5月14日日曜日

東京YWCA肢体不自由者水泳60周年

東京YWCAのプールのスクールに行き始めて、個人的には10年になりますが、60周年の茶話会があり、参加させていただきました。

60年前に肢体不自由者の水泳をレクリエーションとして取り組むところは少なく、多くのことがありながら今があるのだなあと、実感したひとときでした。

私は自分の人生まだ50年ちょいで、この活動の歴史よりも若いんだなあと。
当時の手作りの浮き袋などをみて、全部作ったというお話を聞き、その歴史に支えられて今があるということを感じたのでした。

水泳をレクリエーションとして楽しめるということはとても楽しく、40歳になるまで知らなかったことにちょっと残念な気持ちもありましたが、今続けて行けることはありがたいことだと思います。

そして歩みが遅くても受け入れられ、一緒に取り組んでもらえることに、感謝しています。

水は怖いけれど、楽しい。背浮きができる日が来なかったとしても、水の中で動けることを支えてもらえるということに、本当に貴重な時間を毎回いただいていると思うのです。

歴史を知ることは、大切なことだと実感した時間でもありました。

2017年5月9日火曜日

表参道駅の写真展

表参道駅構内で、写真展をやっていることを知り、行ってきました。



https://mainichi.jp/articles/20170508/k00/00e/040/159000c


大きなパネルで、表情が自然で、その人の人生を感じるものでした。
個人の情報がない分、一人一人と見つめあったような、そして個性を感じたような、印象を受けました。

そうやって個性的な私たちが、日々を歩いていくんだなあ、と感じました。
こんな表情を人に見せながら、生きていきたいと感じました。

14日の母の日まで、開催されています。
青山通り沿いにある、表参道駅エレベーターを降りると、すぐ正面に展示されています。

2017年5月7日日曜日

ゴールデンウィーク

久しぶりに連休らしい連休を送ってしまいました。

4月の終わりに海を見に。知人と館山に。
ただただ海の近くを歩いて、潮風にあたり、波の音を聞いてきました。あと、多分一生分のウグイスの鳴き声。谷渡りまでしっかり聞けて、嬉しかったです。

今住んでいるところは、さすがにウグイスの鳴き声は聴こえません。

5月の連休は、部屋の模様替えと小物整理に勤しみました。年明けにいただいたギフト券は、新しいカーテンに化けました。(ありがとうね)

個人的なことになりますが、今回出かけて見て気が付いたことは、慣れない場所に行くと少しの段差でも体がなかなか適応しないということ。
自分ちを離れて一晩過ごしたのも3年ぶり。少し自分の家に引きこもり過ぎました。

一応、もそもそと日々身体を動かしているつもりだったけれど、数年前の適応力は望めないのだということがわかったのでした。

体も適度の刺激が必要みたいです。

それから、もう一つわかったことは、今住んでいる家の、ことに寝室は、めちゃ寒いということ。

体の冷えが慢性化している原因は、寝室の状態なのかもとやっと自覚したのでした。
なので、夏間近の今から、冬の寝床のことを考え始めています。

そして最終日の今日は、入院している友人のお見舞いに。
そのあと、昭島に住んでいるときによく行った、昭和記念公園を少しだけ歩いて来ました。

いつも昭島口から出入りしていたので、立川口は見慣れないものが多く、少し残念でしたが、それでもシロツメグサは咲いていたし、木々の若葉は綺麗で、幸せでした。

この期間に気が付いたことは、上記のイベントとは全然関係なくて(^ ^)

説明したことを理解されなかったり、受け流されたり、勘違いされたまま何かを行動されると、された方はとても悲しいということ。
これは私自身が人様にして来たことなんだなあと。こんなに悲しく、嫌な思いをさせていたんだなあと。
自分が悲しかったその思いを、他の誰かが感じているんだということに気づいたのでした。私も物事に対して、勘違いが多いし、人に伝えて初めてそれに気がつくことがとても多いから。今回感じたこの想いと似たような感覚を、誰かに与えて来たように思ったのです。

最近も少し勘違いをする確率があがっているので、物事を丁寧に見て、少しでもその人の気持ちを汲めるようになりたいなあと思いました。


そして、エゴイズムはとてもしぶといということ。
言い負かしたい、勝ちたい、とつい思ってしまいます。
これはまだまだ、自分が正しいと何処かで思っているし、そのときに起きたある出来事にとても刺激を受けてしまっています。
エゴイズムとは戦ってはいけない、ということを知識で分かっていても、ではいざ刺激されてしまったときにどうするか、その場での対処はとても難しい。
刺激は波のようにやまないから。
どんな時でも静かに息をするって、これも日々の努力かなあ。いつかできるようになりたいけれど。

視野を広げて物事を捉えることは、本当に難しいです。



思えばこの連休に入る少し前から、友人と会う時間があったりして、この二週間はとてもいい時間でした。
明日からはまたいつものスケジュール。ゴールデンウイークさん、さよなら。また来年。





全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...