2012年9月30日日曜日

ハリーさん

昨夜、ハリーさんの講演会に行って心に残ったこと

● 創造はお金のためにするのではなく、人にインスピレーションを与えるために行うもの
● どんな芸術品でも書物でも、お金が目的でつくられたものはすぐ忘れられてしまう。こころを打たない
● 人々に忘れられない芸術品は、そこにつくった人の魂、哲学、愛が込められている。
● アイデンティティを大事にすること。アイデンティティとは「すきなこと」
● いい意味での欲望をもち、みがくこと
● 誰もが創造する才能を持っている。自分の才能は自分でみつけ、自分でじみちに鍛えること。自分のやりたいこと(才能)は、心の奥底にある。
● 1日1日を、魂を込めて表現し、精いっぱい生きること
● 自分のやりたいことを表現すれば、その日は充実するのでよく眠れる。(ただし魂がやりたいこと)

2012年9月26日水曜日

映画!

飯田橋の「ギンレイホール」というところで
「大人のけんか」
「マーガレットサッチャー 鉄の女の涙」
を観てきました。
二本立てでとてもお得に観られます。

大人のけんかは、大人の心のすべてを見せてもらったような気がしました。

マーガレットサッチャーは、ちょっと変わった映画という印象をうけました。

映画を映画館で観たのは久しぶり。また行こうかな。

2012年9月22日土曜日

本日のカメラ目線大賞

金魚さんです。
携帯のカメラを向けたらこんな顔をしたそうです。

時間があったので、先日行きそびれた本郷薬師辺りを歩いてきました。
帰りは大通りを避けて裏道散歩。
なかなかの味わいのある極小旅行でした。

2012年9月21日金曜日

お気に入りの場所で

お気に入りの六義園で大雨に。
園内にいらっしゃった方々がみんな、売店で雨宿り。
どしゃどしゃとすんごい雨でした。

雨上がりの日の光はまぶしく、木々が一段と輝いていました。

見知らぬ年上の方からおせんべいをいただいたり、飴をいただいたり、ちゃっかり子どものようなそぶりで年下ぶっていた私です。

最近、「私が障害者だから子どもみたいにあつかうんだ」「障害があるからうまくできないんだ」とか、そんな思い込みを崩すような気付きがあったりします。

障害がない方も年上の方から子どものような扱いをされたり、
障害がない方も 実は苦手なことが同じだったり、

そんな場面をみせていただくと、「私の思い込み」の部分に気がつくことがあります。

確かに「障害」を持っていることでいろいろと感じてしまうことはあるのですが、大なり小なり状況に関係なくいろんな人が味わっていることと似たり寄ったりなのかも知れないと思えたりする今日この頃です。

私はきっと、ひとからの言葉や態度に敏感になる自分の心を見続けるのではなく、視点を変えて、相手がどんな心持ちで気になることばを向けるのかを考えることが必要なのでしょう。
せっかくこの身体をもち、そのことを考える機会に多く恵まれているのですから。

雨上がりの気持ちいい場所で呼吸しながら、そんなことを思いました。
その時は細かい感情の処理にまた少し混乱していたのでしたが……。
狭い心を広げる修行は永遠に続きそうでございます

2012年9月18日火曜日

できあがっているので

今日は夜更かしはやめておきます。

それにしてもうち飲みは楽しいです。
キッシュも美味しくできたし、今日もいろんな話が聞けてよかったな。

2012年9月17日月曜日

台風ですか

バケツをひっくり返すような雨が降ったり止んだりしています。

今日は湯島天神に一人で行ってみました。
自宅から約1時間。行けちゃったなあと思いました。
電動車いすは快調に走ります。

道に迷って偶然東大病院を確認したり、行ってみたかった横道を走って突き当たる先を確認したり、興味のある看板を見ると確認したくなってしまったり。
ほんとうに「さんぽ」でした。

約3時間、歩数のはかれない「●●さんぽ」でした。

せっかく都心にいるのだから、都心に詳しくなりましょう(^^)

昔から一人であるくと、その時間いろいろなことを考えます。
今回も過去のこととか、しょーもないことを思い起こして反省したり恥ずかしかったり、うだうだ歩いた時間でした。

家に帰ったとたんに大雨が。晴れ女の「さんぽじかん」でした。

2012年9月15日土曜日

車いすが直りました

いつもの安定した姿勢での外出ができるようになりました。
車いすが変わるだけで外出が出来にくくなるものです。
あたりまえに歩くことのありがたさが身に染みました。

奇跡は日常のなかにあるものなんだなあと
…大げさかも知れないけれどね。

手始めに神楽坂を歩いてきました。
楽しかったな…

私にできることは何だろな

2012年9月10日月曜日

真剣に観たのは初めてだったかも知れない

バラリンピックが閉幕しました。
Nhk平均1時間(再放送はあったけれど)、スカパー(無料)で1時間の録画放送があり、今回はできるだけ観させていただきました。

私がテレビで観ることができたのは、柔道、競泳、陸上、車いすバスケ、シッティングバレーボール、ゴールボール、ボッチャ、車いすラグビー、ウエイトリフティング、卓球、車いすテニス、自転車、かな。
個人的に面白かったのは、ゴールボール、車いすラグビーでした。
ラグビーのぶつかり合いが迫力あって、試合を観に行きたくなったなぁ。

いつもは私自身の中に心の壁があって、あまり観ることもなく過ごしていたのですけれど、今回は時間もあるし、ちゃんと見てみようと思ったのでした。
そうしたら、各スポーツのルールも少しわかって、楽しんでいる自分がいました。

オリンピックは遠い存在で、ただの観戦者として楽しんだんだけれども(プロ野球中継のように)
パラリンピックは、なんだか親せきのおじちゃんおばちゃんがでているような気分で(失礼しました。若い方々もいらっしゃるのに)、親近感を持って楽しんでいる自分がいました。
楽しかったな。
朝の情報番組とか、私が観ている番組は全然取り上げなくて、これも日本の今の現実かなと思ったり。(オリンピックはあんなにあんなにたくさんたくさんとりあげたのに…)
ゴールボールとか、全試合観たかったなー

こういう競技にいろいろ感じたりすることもあるかも知れないけれど、自分の内面と切り離せば、いろんな人がいろんな場所で躍動している姿を観るのは刺激になります。

刺激として感じられてよかったです。

2012年9月5日水曜日

虫の声を聞きながら

物思いにふける秋となりました。といっても昼間は灼熱の東京です。

19歳の時からなんだかんだいいながら仕事を持っていた私。遊び人になって4年が過ぎようとしています。
今年に入って、なんとなく心持ちが変わってきて、これからの生き方を意識するようになりました。
昨年そうそう小さな骨折をしたことで、家にいる時間が一時的に多くなり、なんとなく低空飛行になっていたようです。

私にとって仕事を辞めるということは、所属することをやめるということでしたが、最初の1、2年は、「仕事ができるのにやめてしまった」という罪悪感に苛まれていました。
(大して仕事はできなくて、迷惑をかけていたにも関わらず、そう思い込んでいました。)考え抜いた末の決断で、私のできる範囲で準備もしてからやめさせていただいたのですが、なんとなく引きずっていたのでした。

今年、そのきもちが薄れて、私なりに元職場との距離を保てるようになりました。
同時に今度は罪悪感からではなく、生き方として「所属しないこと」「今の環境をそのまま受け入れてポジティブに生きること」の難しさを感じるようになりました。
社会への還元、貢献の証拠としての「対価」を求めていた私。
結果が欲しかったのでした。目に見える形での結果。

結果を求めず、ただ私らしく生きること。
私としてどうありたいか、考えながらじぶんのできることを行っていくこと。
それでいいとようやく思えてきました。

元職場は私に仕事を与えてくれていました。
私は「社会に尽くしている」と思うことができました。
幸せな時間でした。

所属しないということは、私が個人として考えたことを行動に移していくこと。
社会的な位置とか評価を求めるためではなく、ただ目の前のことにつくしていくこと。
と言うことなのかなあと、今は思っています。
積極的に、今度は私自身が、私に見合った環境を自分に与え、動いていくのです。



2012年9月4日火曜日

電動車いすがこわれまして…

久しぶりに簡易電動(小さくて軽い電動車いす)で出歩いています。
今回の故障はモーターの寿命
電動車いすはメンテナンスに結構予算がかかります。

簡易電動だと玄関の出入りがこんなんになるので、一人のときは自宅待機(^_^)
なので統計の勉強と「カラマーゾフの兄弟」を読む日中です。

全然関係ない2種類のことをやると頭が混乱しますね。
こういうときに限って遠出がしたくなります。

「カラマーゾフの兄弟」は母が若いときに読んだらしいロシア作家の本だけれども、こんなはちゃめちゃな内容だとは思いませんでした。
図書館の貸出期限までには読み切らないかも知れません。

統計学は苦手分野です、というか、何も知らなかったみたいです。
しらないことを学ぶために、勉強するんですよね。


ああ、どこかに行きたい。三島とか、アメリカとか。
私は常に無いものねだりです。

2012年9月1日土曜日

9月になって

なぜか、ダイビングに行きたくなりました。
な、なぜ?今?

考えているとまた行くのが怖くなって、機会を逸してしまうので、動くことにしました。

あんなに怖くて、もう行こうなんて思わないだろうと思ったのに、どうしたのでしょう。
自分の心がわかりません。

ダイビングの練習を始めたのは41歳の時。未だにカードは取れず、それはあきらめました。
今関わって下さっているインストラクターはとても私の性格や心を理解して下さっています。
さくねんの年始めに自宅でこゆびを骨折した私は、ダイビングへの怖さに拍車がかかってしまったのですが、今回の心の変化は本当によくわかりません。
このままお世話になったインストラクターと別れるのは忍びないとは思っていましたが、海に入りたいなんてふたたび思うとは思いませんでした。

今朝5時までは!!

もうひとつ思ったことは、
「人生をもっと積極的にいきよう」ということ。
怖がってる場合ではないよね。

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...