2012年10月13日土曜日

薄井ゆうじ氏の講演会

知人に教えてもらって、地元図書館で開催された作家の方の講演会に行ってきました。

心に残ったことは次の通りです

小説の調理法

●おそれを持つこと(ちゃんと伝わっているかどうか)
●本をたくさん読むこと。できれば1000冊ぐらい。
●伝えなくてはいけない事柄は、読者に伝えること
●プロットをたてないこと
●好きな小説を模写してみること
●小説を読むとき、途中で中断してその話の展開を考えてみる。自分ならどう展開するか
●何十回も推敲する。
●利害関係のない赤の他人に呼んでもらうこと(友人や身内は×)

原稿の書き方も説明して下さいました。

今は公募に出すのがいちばんよく、あきらめそうになったら3ヶ月間何も書かず何も読まない時間を作ってみるのはどうか。三ヶ月でも三年でも三十年でも書かなくても読まなくても人生が楽しいなら、それはそれでいい人生なのではないか、とおっしゃっていました。

その先生は「小説は読んだ人が元気になってほしいから書く」とおっしゃっていました。

ウナギことばもこんにゃくことばも面白かったな。

2012年10月11日木曜日

お遊びの日

昨日の映画は
 幸せへのキセキ
 ファミリーツリー

 うーん、私にとってはどちらも、「映画の世界を楽しみました」ってかんじでした
 幸せへのキセキは、テレビでドキュメントをやっていたときに見ていましたが、そちらのほうが印象強くて映画にのめり込めなかったみたいです。(映画だとファクションも入っちゃうし)
ファミリーツリーは、家族はいろいろありますよ、と言うごちゃごちゃっとした感じでした。わかっているようないないような、人にはいろんな一面がありますよ、的な。

そして、夜は再会した知人と飲み会。めちゃくちゃいい時間でした。

やっぱりこういう時間を大切にしたいな。
さて、今日はガリ勉女にならないと。

2012年10月9日火曜日

油断大敵

夏の間風邪もひかずに丈夫だったので
「風邪に無縁になった」などといい気になっていたら、
昨日から喉が痛いのでした。

無縁ではなかったようです。
何事もいい気になるのはいけません。

2012年10月7日日曜日

とにかく

今日は朝から雨が降っていたのに、夕方用事のあと外に出たら気持ちよい風が吹いていました。
迷いがでてもとにかく今日やっておくことはやっておこう、そんなことを思いながら、お手軽なお寿司屋で光り物の握りを買って、夕飯で楽しみました。

明日まで世の中は3連休。明日はあそぼうか、それとも…。

2012年10月4日木曜日

秋の香

今年気がついたのは10月3日でした。
キンモクセイの、まだほのかな香り。
咲き始めです。

家の近くのギンモクセイは満開でした。こっちの方が開花が早いのかな。

我が家では、今年の味噌も無事できました。

2012年10月2日火曜日

しょぼしょぼ

この夏から、目がしょぼしょぼしょぼしょぼして、いっこうによくならず。例年にない目疲れです。
UVカットのだてめがねをかかさずかけたり、一応は気を遣ってみたのですが、見ることに多少の努力を要するようになり、やばいな、と思っていたのですが、

今日ふと、肩用の「あずきのちから(レンジチンタイプのあたためグッズ)」をあたためてもらって両目を温めてみたら、なんとすっきり見えるではないですか。

やった。

…確実に老化は来ているのはわかってますけれど、とりあえず問題解決です。

それにしても、あたりまえに見えることのありがたみを感じています。最近、そういう再発見ばっかり。ちょっと過敏かしら。

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...