2011年4月29日金曜日

護国寺

護国寺の特別法要に参加させていただきました。
昨日で大震災が起きてから49日。ダライラマ法王をお呼びしてのひとときでした。
一般人も参加可能と言うことで、車いすでも参加できるのだろうかなんて相変わらずちょっとびびりながら、でも行っちゃいました。

ダライラマ法王は正面の画面でしかお会い出来なかったけれど、ひとつのことについておなじ敷地内で祈ることができたのはいい体験でした。

帰り道、体も心も、殻がとれたような気がしました。

2011年4月26日火曜日

写真展のご案内

写真家の知人が企画展を行います。

ここに生きる  矢部朱希子写真展

私もとても楽しみにしています。カメラを通した多くの友人たちに再会できそうで。

2011年4月3日日曜日

指が治っていきます

先日の水曜日、7週間ぶりに絆創膏もガーゼも外れて、まっさらな左手になりました。
今は垢もきれいになって、見かけはそんなに変わらない、普通の私の手になっています。
動きにくさや、筋肉の痛みも1日ごとに和らいでいきます。

たった一本指を骨折しただけなのに、動きにくさ、治りにくさ、扱いの難しさ、いろんなことを知ることができました。これはきっと私は忘れてはいけないこと。

2月に、折れているかどうか不明の指をどうにもできず救急車に乗ったときは、私は周りの様子がわかりにくくなりました。自分の体調が悪いときは あまり考えられなくなると言うことを身をもって体験しました。

今は治っていくというふしぎを感じています。

今年になって個人的にもいろんなことが起きましたが、回復していく小指を感じられることは幸せなことなのかも知れません。

障害のある人生

今日、ある方と自立についてのお話になりました。 先日ここに書いた内容のことを話したんだけれど… 以前からお付き合いのある彼女は、本に残して欲しいと言います。 私も書けるものならかきたいけれど、 どうやって書いていいかわからないというか、イメージがわかないというか、 ...