2015年1月16日金曜日

トイレでの出来事

数日前。
最寄り駅近くのビルは病院が入っていて、共有スペースにトイレが設置されています。
多目的トイレもあるので、それもかなり使い勝手がよくて、重宝しています。

いつものように使わせてもらおうと思ったら、カギがかからないらしく、介助の方がいろいろ試していると、
「そのカギ、こわれているのよー」と見知らぬ女性。
どうも、こわれたのはすこし前みたいでした。

そういえば最近ここに来てなかったし、状況がわからなかった私。
管理会社にメールしたら、さっそく直して下さいました。

カギとかの故障は具体的に言えるし、直してもらえることが多く、助かります。

最近気になるのが、手すりの位置。
少し短いだけで、または高さがないだけで、トイレは多目的トイレであっても使いにくくなります。
でもこれは人それぞれの位置や高さがあると思うから、なかなか意見が書きにくいですね。
手すりを使う人はどれぐらいの長さ、高さなら使いやすいんだろ。
許容範囲というか、オーケーの範囲が知りたいですね。
基準はあるとは思うけれど、高さの基準とかも決まっていましたっけ。

あと一軒、トイレのことであるところに問い合わせています。
こういう、使えないトイレやこわれているトイレを直していくのも、大切なことですよね。


全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...