2015年1月3日土曜日

三鷹駅コンコース

久しぶりの三鷹駅。デッキはお初で歩きました。
駅にもトイレがあるけれど、アトレヴィのトイレの方が使いやすかったかな。

お正月の三日間、例年になく連チャンで歩いています。今日は中央線で知人宅に。
なつかしい方にお逢いしたり、いいひとときでした。
お料理もとてもおいしかったです。

そうだな…。
組織に属さずに私としてどんな生き方が出来るか、ある制度の話をきっかけに、そんなことを考えたひとときでした。

確かに、自分自身が「出来ること」を社会に提示することも大事だと思っていろんなことをやってきたけれど、すべてを手放した今だから私に出来ることがあるのかも知れません。
「障害を持つ」ということがどういうことなのか。
それを思い切り味わうと言うことは、どんなふうに生きていくことなのか。
「障害を持っていてもこんなに出来る」と社会にみせることから離れると、何がみえてくるんだろう。
この体で人と生きるということは、どういうことなんだろう。

今日は結論が出ません。
とぅーびーこんてぃにゅーです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...