2015年2月6日金曜日

マラソン

韓国の映画、「マラソン」を観ました。

障害を持った子どもから子離れをするということは、難しいことなのだなあと、そして、他の人の視点というのは、辛いけれど大切なんだな、というのが、観たあと思ったことです。
この映画の親子関係はいくぶん感情的で、わかりやすいけれど、たんたんと社会を描いていることが、今の現実を訴えているような気がしました。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...