2015年2月16日月曜日

遺伝史

今テレビを見終わって、
私に影響を与えた遺伝史は誰だろう、と考えていました。

いろんな面でいろんな方の影響を受けてきたと思うけれど、
詩作の面では、おぞねとしこさんとMさんかなあと思っています。

このお二人は、私が10代の時に、あるコンサートとの場で出会いました。
お二人とも詩作そのものに力を注いでいらっしゃって、障がい者として出てしまいやすい独特のアピールではなく、作家としての自己主張だったのが、とても印象強い方々でした。
このお二人に逢っていなかったら、私の詩はもっとへなちょこになっていたかも知れません。

この番組は、ひとのつながりが感じられて、互いに影響し合っているのが人間なんだといわれているような気がして、私は観てよかったと思いました。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...