2014年3月8日土曜日

桐ヶ丘特別支援学校と

日大板橋病院を抜けて、桐ヶ丘特別支援学校と東京都総合医療療育センター(整肢療護園)のわきを通り、有楽町線小竹向原駅に出てみました。
家からは45分から50分ぐらい。帰りは地元の方に近道を教えていただきました。
でも一度ではなかなか道はわかりません。
方向音痴の哀しいところです。

私は埼玉の北にある施設で小中学校を過ごしたのでまったく知らなかったのですが、大人になってから地域活動でいろんな方に伺うと、「桐ヶ丘出身なんだ」とか、「整肢療護園に母子入園していたの」などという声をよく聞きました。

今の家が比較的近い場所だとわかり、本当に興味本位でそばを通ってみたかったんです。〈ミーハー〉

2時間のまちあるき。道を覚えるのはこの次ということで、とても満足です。
探しものも、実はあったし。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...