2014年3月14日金曜日

神保町のカレー

神保町のカレーをお初でトライしました。
いつも素通りして、時間との勝負で帰宅していたので、なかなかトライできなかったのです。
昨日は予定の時間より早めに出かけたので、小さな夢が叶いました。
お店には入らず、お弁当でしたが。

人と話すことって、本当に大事なことですね。
臆しちゃいけないんだなあ、と改めて感じました。
臆さないことと配慮しないことは違いますね。

そう、私には癖があって、「自分は配慮される方」とついそういう頭になります。
わたしも、配慮する側の仲間に入らないと、見えるものも見えませんね。
町を歩いていると、ぶしつけなことによく逢うし、日常生活でも、ああ、ああ、そうなふうに考えているのね……という感じで人の気持ちを受けとめてしまうことが多いけれど、

自分が、自分の置かれている人生に積極的になるということは、自分から、日々置かれてしまいがちな立場を抜けて、違う視点に立つことなのかも知れません。
ここにいるよ、と人にアピールするのではなく、あなたを大切に思っていますと態度で伝えていくこと。
違う視点から、人を大切に想うこと。
それが今の私にできることなのかも知れません。

そんなことを感じながら、ある方とのひとときを過ごしてきました。
お時間を頂けて、本当によかったです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...