2014年2月2日日曜日

友人になりたかった人。

友人にはなれなかった、とてもすてきだった人。

明日、その方と最期のお別れをしてきます。

昔、仕事面で接点があり、会議の席で話し合ったりした方。
東京に越す前後には、仕事面でお世話になったこともありました。

私が障がい者関係の仕事を全て辞めたあと、一度だけ電話をいただいたことがありました。
「もう一度ピアカウンセリングをやって欲しい」

私ももう道を決めたあとだったので、お断りいたしましたが、どんな気持ちでかけて下さったのかなと思います。

障害を持つ人たちの自立支援の相談や研修等、身を削って活動されていました。

障がい者運動から手を引いた私は、接点がなくなってしまい、もともとプライベートで話す機会はなかったので、今回はとても残念な再会になります。

すてきだなあと思う人でも、友だちまでお付き合いがいかないこともある……私が障がい者団体の活動を続けていればなんらかのかたちで出来たのかも知れないですね。

個人として、私として生きることとはどういうことなのか、そして友だちと時間を共にすると言うことはどういうことなのか。
きちんと考えながら、生きなくてはですね。


障害のある人生

今日、ある方と自立についてのお話になりました。 先日ここに書いた内容のことを話したんだけれど… 以前からお付き合いのある彼女は、本に残して欲しいと言います。 私も書けるものならかきたいけれど、 どうやって書いていいかわからないというか、イメージがわかないというか、 ...