2014年8月31日日曜日

涼しい日

こんなに過ごしやすい日が続くと、秋がもう来たかと勘違いしてしまいます。
夜も眠れるし、昼も眠れる。
暑い日も昼は眠いし、最近は少し私は眠り病。

考えたことは書いておかないと、忘れてしまうようです。
あとで思いだして書こうと思っていても、あとの祭り。
すこし気を抜いたら、時が流れてしまいました。
あっという間に月の終わり。

人に見返りを求めず、ただ感じたことを振り返りながら生きるということ。
戦略的に生きてきた私には、その生き方がうまくできていなかったようで。
いつも先回りして、周りの人の反応に期待しながら生きてきたみたい。
考え深い、いい人間に思われたくて。

そんな先回りはいらないし、もし考えが浅くてもそれが今の私なのだから、そこから始めるしかありません。
繕っても、実力がないのだから、ぼろが出るのです。
私は私のまま、日々感じたことを振り返って、高める努力をするしかない。
人が私を認めるか認めないかは、私の人生にとってまったく関係ないこと。

私はたぶん誰かに無条件に愛されたいと思いながら生きてきたのだと思います。
無条件に愛されるということがどういうことなのか、何も知らないままに求めてしまったのだと思います。
だからさまざまな人がいろんなかたちで愛してくれても、それがわからなくて受けとることもできなかった。
そして、自分が愛することを覚えなければいけないということさえも気付いていなかった。
私が、人を無条件に愛するという体験をしないと。

本能的に、感情のままに生きることって、とても怖いことでした。
結果的に何も気付くことができないから。

たぶん、私はそうやって、
自分に実力があると勘違いし、
自分が認めてもらえないのは社会のせいだと思い、
日々の体験を自分のものにすることなく、
愛されているという実感を求めて生きてきたのだと…。

人の心に寄り添うことなど、考えても見なかったのです。

だから、最近別サイトで書いた初めての小説は、小さい頃の私のふりかえりでした。
一年かけて推敲していこうと今は思っていますが、たぶんここから人生を修正しないと、私はまた何も考えずに生きていきそうで、書き表してみたのでした。

私は、人を理解できるようになるなるのだろうか。
なりたいと思って生きてきたはずだけれど、

できれば、今生で、達成したい。
今日は、誕生月の最終日。


全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...