2017年1月27日金曜日

明け方の夢

久しぶりに夢を見ました。

新しい家を探すことになり、大きなフラットの家が見つかった。作業場の一部を間借りする感じ。縫製関係の作業場で、作りかけの生地があちこちにある、忙しそうな作業場だった。ペットオーケーらしく、車椅子も中まで入れて、行けると思って契約した。その後トイレを見せてもらったら、とても狭くてシャワールームを兼ねていて、湯船がなかった。ふと今住んでいるところのお風呂の状況や、多分もっと探せばいい環境のものが見つかるだろうということを思うと、なぜトイレをちゃんと見なかったのか悔やまれた。契約を取り消してもらうことにした。職場(私は働いているらしい)でそのことを話すと、「手数料取られちゃうね」と同僚が教えてくれた。4万円ぐらいかな、と私は思い、仕方ないなと思いながら、契約したところに電話をかけ始めた。ここのところで、今見ているものが夢だとわかり、本当は家など契約していないこと、今の家に住めるということが蘇ってきた。そうだ、引っ越してはいないし、あの家はあるんだと思ってホッとして目が覚めた。

誰かとあったわけではないし、今回の夢は自分の何かのイメージかな、と思っています。作りかけの洋服の量が半端ではなかったので、それだけ今整理できないことが多いのか、トイレが思いの外綺麗だったので、片付きつつあるのか。。。とてもただっ広い家だったので、なぜあんな大きな家を借りたかったのか、謎です。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...