2014年11月20日木曜日

愛するひと

この映画の印象は、ハッピーエンドでない、でも現実的に前を向いていくという感じ。
誰かが運良くてとか、ものすごく助けられて、とかそういうのではなく、何があってもいきていきなさい、なるようになるからベストを尽くしなさい、と言われているみたいだった。
どうしようもないことも、乗り越えて行かなくてはいけないよね。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...