2014年11月20日木曜日

バベル

すこし前の映画ですが、観ました。


言葉や心が通じないと、人と人はかなしいことになる。
傷つけあい、抑圧しあい、理解しようとしなくなる。
それぞれの不条理が映し出され、生きるということが孤独と結びつくもののように感じてしまう。


何も関係のない同士と思われたものがつながり、関係のない出来事などないといわれているような気もしました。
観てよかったなと思いました。
再度観るには、時間をおきたいとも思いました。

鬼太郎の世界

毎週日曜日はワンピースを見ながら新聞を流し読みするのが、習慣になっています。 新聞は3年間取っていましたが、読むのが追いつかなくてしばらく契約をお休みすることにしました。全部読めないし、読めないものをとるのもなんだかもったいない気持ちが強くなりました。あとしばらくの新聞のある暮...