2014年11月20日木曜日

今度は愛妻家

この映画は、何度でも観たくなるものでした。

夫婦の価値観の違いや、不器用な関係のようなもの、取り巻く人たちの人間くささのようなものがわかり、観てよかったなあと思いました。

心がおさなかったりすると、無遠慮になるもんだなということも。愛を受け取れないということは、甘えているということなんだなと。

またいつか、観てみようと思います。

ボランタリーフォーラム東京2018

たまには別方面のことも知りたいと思い、飯田橋で開催されている 「 ボランタリーフォーラム2018 」に行って来ました。 集会のようなものに行くのは久しぶり。少しドキドキしました。 今回、参加したのは一つの分科会。 地域で進めるSDGsーー「誰一人...