2014年11月20日木曜日

今度は愛妻家

この映画は、何度でも観たくなるものでした。

夫婦の価値観の違いや、不器用な関係のようなもの、取り巻く人たちの人間くささのようなものがわかり、観てよかったなあと思いました。

心がおさなかったりすると、無遠慮になるもんだなということも。愛を受け取れないということは、甘えているということなんだなと。

またいつか、観てみようと思います。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...