2014年11月19日水曜日

思いのこし

もうすぐ公開されるこの映画を、昨夜たまたま先行で観ました。

最初はどうなるかと思いましたが、暖まる映画でした。

ただ、広末さんが出ているせいか、「よみがえり」を連想してしまったのが惜しいところでした。

岡田将生さんがどーしよーもないやつに見えてくるから、映画っておもしろいですね。


そうだなあ、岡田さん(役名忘れました)の心の変化が、印象深かったかな。
あと、現代社会の一面を登場人物に映していたところも。
すべてをいわゆるハッピーでなく、現実を踏まえた結末にしていたところも。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...