2015年7月20日月曜日

あん

だいぶ前に見た映画、「あん」。
樹木希林さん主演の映画は是非観たくて、たまたま近くで公開されていたこともあり、いってきました。

現代に続く、昔からの負の思い。
誰かが傷ついていると知らないで過ごすということは、とても残酷なことなんだと思いました。
自分のすぐ隣でこういうことが起きていそうな、そんな錯覚を覚えました。

重い展開になっていくところに、きゃらさんの役柄が明るく可愛く映えて、最後まで観ることができました。

樹木希林さんは、もちろん、いやあほんとに、観てよかったです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...