2013年3月25日月曜日

ポテトパイを焼きながら

数日前になってしまいましたが。

言葉について考える機会がありました。

私も余り考えもしないでじぶんの言いたいことを人にぶつけてしまいがちな人間で。
ちゃんと物事は考えて、その時どんなことが必要で何が言わなくていいことなのか、わかるようになりたいのですが、なかなかなれず。
はずかしいおもいをするぐらいならばいいけれど、人に嫌な思いをさせたかも知れないと思うこともしばしば。
気の利かせ方はほんとにへたっぴなのです。

ただこの日、ある会話をきっかけに思ったことは、
「心を萎縮させてはいけない」ということでした。

ひとの言葉に思いのほかダメージを受けたとしても、自分から自分の心を小さくしてはいけないんだなって。
被害者になってはいけない。
加害者をつくってしまうから。

こころをのびやかにたもつってとても難しいことだけれど、萎縮させて何も言わなくなるより、チャレンジ性があって楽しいかも知れません。

相手のことを大切に思って、言葉を控えるのは必要なことかも知れません。

自分が何も言わなくなったのは、何が理由なのか、
相手に対する愛情なのか
こころがちいさくなってしまったからなのか、
それとも 別に理由はないのか、ただのきまぐれ、またはそんなに深く考える必要のないことなのか。
私は答えを出してみようと思ったのでした。

そして、自分の心を萎縮させないようにしようと思ったのです。
何年か前の自分のように、小さい心のままぷんぷんと怒るのはできる限りやめようと。

ポテトパイの焼き色を確かめながら、そんなことを思ったのでした。

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...