2012年11月30日金曜日

はっきり言いなさい 、か…

明け方に3つも夢を見ました。

ひとつ目は大きな荷物がいっぱい届く夢。嫌がらせのように荷物を置いていくのは知人。
私ははっきり「迷惑だから引き取って下さい」と言い、知人は渋々荷物を持っていきました。

ふたつめは新興宗教に誘われる夢。誘ってきたのは古い知人。
知人は知り合いを二人連れてきて、私に「この宗教がどんなにいいか」話そうとします。
私は「聞きたくない」とはっきり言い、3人ともお引き取りいただきました。

3つ目は新しいヘルパーさんふうの二人組が部屋に入ってくる夢。
勝手に部屋中のカギを閉め出したので、私は「またはっきり言わないと!」と思い始めていました。
そこで目が醒めました。
すっきりとした目覚めでした。

最近ちょっと引っかかっていたこと。それはある男性への私の言動でした。
「障害者同士だから友だちになりましょう」と言われたときの、私の行動です。

以前の私なら、「いい人にならなきゃ」とか、「断ったらがっかりするだろう」とか、「私が人をわけちゃいけない」などと、ありとあらゆる考えのような変な思いが心を駆け巡り、おどおどドキドキしたものでした。

今回は私のなかで
「そんな理由で友だちにはなれない自分」を発見し、
そんな自分が正直に行動することを考えたのでした。

これからもお会いするかも知れないその方に、私が正直でいる方法。

考えたことを行動に移してみたものの、やはりはっきり伝えたいことを言うときは声が大きくなってしまったし、ちょっと怒っているようになってしまったので、もっと冷静にやさしく相手のことを思いやれなかったのかと気に病んでいたのですが。

今回の夢が答えですか…。
うーん。

多少乱暴でも、こちらが誠意をつくしてちゃんと考えて行動したことなら。それに自分で責任を取ろうと思っているなら。
はっきり自分の行動をしなさい……ですか。

多少、こんな大きな声出したら周りはどう思うだろうとか、確かに思ったんだけど、いいやしょうがない、とも思えたんだよね。

しかし最近、夢が回答を運んできてくれます。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...