2017年4月14日金曜日

嫉妬深さ

プログのデザインなど、いろいろいじくり回していたら、いつのまにかリンクの部分が非表示になっていました。最近はスマホなどでの読みやすさを優先するデザインが多いみたいで、PCでの全体のデザインが気になる身としては、少し違和感があります。

確かに読みやすさは大事ですね。悩みどころです。

知人からのあるリクエストに答えていたら、ブログに私の文章しか載っていないことに気がついて、元々あったリンク欄を復活させました。

ブログのレイアウトについては、もうしばらく試行錯誤が続きそうです。

本題は、嫉妬深さについて。
結構小さいことで、すぐジェラシーを感じている自分がいます。

今日も、ある小さなことで、自分の中の嫉妬深さを感じました。


まるで、恋人が他の女性と仲良くしているのを見てショックを受けている、若い時のよう。
すぐにその気持ちは心にやってきて、もやもやとさせます。

こういう時は少し視野を広げて、そうだ、私だけがその人の友達ではなかった、ということを思い出します。
そんなこと当たり前ですよね。でもこの当たり前の簡単なことが、私は意識的にしないとうまくいかない。心が揺れてしまうのです。

心を占領してしまう自分勝手な欲望を、私欲(エゴイズム)と習いました。
この想いと離れるには、その思いがどこから来るのか知り、理解することが大切です。

私は性格的に臆病で依存的なところがあるので、人に期待しやすい性質があります。そして自己を中心に物事を考えてしまいます。

他者がどう考えて私と接してくれているのか、そこを考えることを忘れてしまうのです。


今日はそこに立ち返ることができたので、湧き上がってきた嫉妬深い気持ちから離れられました。

エゴイズムは自分が作るネガティブな思いのかたまりのようなものなのですが、一度作ってしまうと二度となくならないそうです。ですから消してしまおうと戦ってはいけないと言われています。

自分の作ってしまった感情とは戦わず、前向きな心を育てて行くこと。
視野を広げて、良いところ(美徳)を育てて行くこと。

これが本当に、ここにはいくらでも偉そうに書けるけれど、難しいです。
今日は振り返ることができて、良かったけれども。

つまづきそうになっても、自分と向き合い、自己点検していくしかないのですけれども。



全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...