2017年2月15日水曜日

沈黙

映画を見た時、原作を読まないとちゃんと理解できないような気がしました。
なので本も読みました。

映画は、とても辛かったし、重たい気持ちが残りました。そして、言いようのない違和感が残りました。
日本人の表現の仕方とか、所作のようなものに。
でも原作を読んで、原作に忠実に描かれているのかもしれないと思いました。

日本の上に立つ人の残酷ないやらしさと、庶民を人と思わず弾圧の道具として利用していくところは、気持ち悪さのようなものを感じました。

一方で、この出来事を忘れてはいけないのだと思いながら見ていました。
宗教に対する感じ方の違いも、わかるような気がしました。

映画では、イッセー尾形さんの演技は見事にいやらしく冷酷でした。

キリスト教信者の方は、どのように感じるのでしょう。

神は答えてくれるものではなく、ともにいて体験もともにするもの、という感覚は、信仰者としてはどのようなものなのでしょうか。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...