2016年7月30日土曜日

父と暮らせば

介助でお世話になっている方の公演が、9月にあります。
「父と暮らせば」。井上ひさし氏戯曲の、映画にもなった作品です。

私は映画を観ているので、その内容が目の前で観られることを楽しみにしています。

先日は、違うお芝居を同じ会場で観させていただきました。

自分の母親を亡くした主人公が、インド旅行の後に自宅をゲストハウスにする話です。登場人物のそれぞれの思いがひしひしと伝わってくる作品でした。
ネパールから日本に来た人、そのネパールで自信を目の当たりにして帰ってきた日本人、主人公とインドで知り合って、家族の思いを抱えながらゲストハウスの仕事を手伝う中国の人、心に子供を亡くしたという悲しみを抱えながらハウスに滞在する人、…一人一人の思いが伝わってきた時、その世界に気持ちが入り込んでいきました。
すべてパントマイムで表現されているということも、魅力でした。

今回は2人芝居。とても楽しみです。
小さな劇場で、場所も地下一階なのですが、介助の方と見に行こうと思っています。


**********
内木英二プロデュース公演

  父と暮らせば

出演 内木英二 平野綾子

2016年9月8日〜11日  

中野スタジオあくとれ
中野区中野2-11-2 さん中野マンションB1(JR中野駅南口)

前売り3000円、 当日3300円
高校生以下2000円(未就学児はご遠慮ください)

ホームページ http://eiji-naiki.tumblr.com

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...