2014年4月25日金曜日

中板橋は ネタバレ

個人商店が多いそうです。チェーン店が少ない。
DVDレンタルも、ツタヤなどは他の駅に行くことが必要で、2軒ほど探索してみましたが、2階&階段。
ネットだけではなかなかみたいものがみられず、試しに最寄り駅のレンタルショップに行ってみました。

そしたら、たまたまみようとしていたものがありました。
それも、とても手頃なレンタル料金と入会金。助かりました。

手紙、という映画を観ました。ネタバレです。

「差別はなくならない。犯罪を犯した者に近い人間を遠ざけるのは、当然の行動なんだ。自己防衛だね。」
「罪を犯した人間には、それだけの責任があるんだ」
「差別のないところを探すのではなく、ここで生きていくんだ」

加害者を家族に持った弟に会社の会長さんがはなす、このような言葉が印象的でした。

また、最後におにいさんのこのような言葉も。
『手紙を書くこと自体が、相手を苦しめることだった。それだけ大きな罪だったんだとわかりました』

やってしまったことは、やり直せない。
それだけの責任があると言うこと。

1週間借りたので、もう一度みようと思います。
やっぱり東野圭吾、読破しようかな。全作品。
薬丸岳のほうが好きなのですが。どちらも読みましょう。はい。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...