2014年4月4日金曜日

昨日のアンビリーバボー

テレビ番組の内容の話しです。
とっても怖い話しでした。
初対面の人に殺されてしまう話しでした。

被害者、被害者と関わる人たち、4人の視点から同じ出来事を映し出し、最後に犯人がわかるのですが…。
被害に遭われた方もその身内の方もまったく疑いもしなかった人が首謀者でした。

人の素性を見抜くことは本当に難しいと思いました。

人が感情的に自分本位に行うことは本当に怖いことがある、と言うことを見せてくれた番組でした。
ネットでのやりとりの怖さも。

被害に遭われた方のご冥福を心からお祈り申し上げます。

そして心ない大人にならぬよう、気をつけて生きなければ。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...