2013年4月5日金曜日

久方ぶりに

入店拒否というか、なんというか、
やんわりとやんわりと、言われまして

何も買わずに帰らせていただきました。

確かに、電動車いすは人にあてるとケガをさせるし、高齢の方が多い店だから、理解できないわけではないけれど、
車いすはオーケーだけれど、電動車いすは有無を言わさずNGというのは、納得いかなかったな…。
でも、じゃあ「電動車いすでは入っていけないんですね」とかくにんすると、
「そうではないんです」とおっしゃるので、わけがわからなくなりました。
「店内の広いところに案内させていただいて、ものを見ていただくのです」

うーん、なら、ここまで議論しなくても、そうしていただければよかったのに…。
駄目ならだめで通せばいいのに(角が立つけれどね…)
なので購買力が失せてしまったのでした。

以前入ったときは、とても親切に応対していただいていたので、とても残念でした。

うーん、別に行かなくてもいいし、どうしよーかなー

しかしわかりづらいな
言い方が。
車いすが通れるスペースがあるのに、電動車いすだとひとにぶつかってけがする場合があるから入れないことになっている。できれば理解して欲しいが、でも入れないわけではない。拒否はしてなくて、店員ががひろいところに案内して商品をお持ちします。と言うことだろうか。
うーん
どうしようかー

私も、最初の店員さんに言われたときに、軽く流してでちゃえばよかったかな…。

しかし、このタイミングでなぜこんなことが起きたんだろう。
私は何に気がつけばいいんだろうな。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...