2013年4月26日金曜日

手紙といえば

最近、換気扇がひょんな拍子に落ちてきました。
うまく固定されてなかったみたい。

不動産屋さんに電話してみたけれど、言葉がうまく通じなくて、主旨を理解していただくまで行かなかったのでした。

もちろん、介助の方に電話していただくと言うことも選択肢としてはかんがえられたのですが、悩んだ結果、ファックスで丁寧に手紙を書くことにいたしました。
私にとってはそのほうが、責任のとれるやり方かなと感じたので。

おかげさまで迅速に換気扇は点検していただきました。

お礼は電話で言いたかったけれど、ファックスにしました。

相手にきちんと伝わったのがとてもうれしかったし、自分が望むことを行うのではなく、相手に必要なことを考えて行うということがなんとなく少しわかってきたような気がしました。

何よりも換気扇が安心して使えるようになったので、幸せでございまする。

障害のある人生

今日、ある方と自立についてのお話になりました。 先日ここに書いた内容のことを話したんだけれど… 以前からお付き合いのある彼女は、本に残して欲しいと言います。 私も書けるものならかきたいけれど、 どうやって書いていいかわからないというか、イメージがわかないというか、 ...