2013年4月19日金曜日

ほんとうは

たいしたことはないことなのかも知れません。

でもね 自分の生活にかかることだとやっぱりどきどきいたします。

新しいことをやるときは、みんなこうやって居たたまれない気持ちを抱きながら、日々暮らしていくんですよね。

障害がある生活も、ない生活も。
子どものいる生活も、いない生活も。
旦那サマがいる生活も、シングル生活も。

一個一個のドキドキが、私を強くするであろうことだけを今は信じて。
できることをやりましょう。


ほんとに、肝っ玉のちっちゃな私。ははは。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...