2016年10月12日水曜日

海街diary

ようやく見られた、是枝監督作品。原作はコミックだそうです。

映画でシーンに描かれない部分が、想像する世界となり、すごく心に残りました。

表面的な言葉や、映像よりも、奥にあるものを感じさせてくれた映画でした。

広瀬すずさん、かわいかったな。まえだまえだの汪士郎くんもういういしさがあって、良かったです。

「存在しているただけで人を傷つけている」そんな風なつぶやきに、主人公の苦しみと周りの人の気持ちを思いました。


全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...