2016年10月9日日曜日

よい神さまたちの住むところ

銀座でオリンピック・パラリンピックの凱旋パレードが催された日、近くのギャラリーで個展を見てきました。

「よい神さまたちの住むところ」 上野真由さんの作品展。
 羅針盤というギャラリーです。

よい神さまの面と、絵画がありました。

世の中は光と闇で作られた世界で、私たちはそのふたつが混じり合うところに住み、よい神さまたちはすべての(混じり合わないところと混じり合う世界と)に住んでいるものなのかなあ、と、絵を見ながら感じました。

よい神さまのお顔はどれも光の色をしていて、中に闇の部分を入れ込んで浄化しているような、そんなイメージを感じさせました。

ギャラリーの中に入って、神さまの空間にほっと座らせてもらったような、そんな体験をさせていただきました。

いつも迎えてくださって、感謝です。また伺わせてください。

次回の個展は3年後に。グループ展は来年行うそうです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...