2013年10月6日日曜日

その時々

今日はとても貴重な日でした。
うまく書けないけれど。

夕飯は、なかいたの商店街にある中華惣菜屋さんの麻婆なすと、麻婆豆腐の惣菜を半額でゲット。
おいしかったなあ。

その時々に私らしくそこにいることが、役割を果たすと言うことなのかも知れません。
その時々の状況に感動しながら。
何もわからないとしても。

帰り道、介助の方とたわいない世間話にカラカラ笑いながら、
「変にアピールしない自分」
を認識していました。

努力してきてよかったな。
もちろん、まだまだなんですけれど。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...