2013年10月11日金曜日

エッセイ

放送大学で学生対象にエッセイを募集していて、もうすぐ締め切り間近。
書いてみたら、展開は今市だけどどうにか締め切りに間に合いそう。
でも、応募するかどうか、迷いがでてきました。

書いてみるのはともかく、なんのために応募したいのか。
ちからをためしたい?
多くの人に読んでもらいたい?
うーん。なんのために応募したいと思ったんだっけ

感謝のつもり?
良い対応をしてくれたことに対して?
うーんちょっと違うなあ。

こういう学生もいるんだというアピール?
自分はすごいんだぞ的な?
うーん。それってやる意味あるのかなあ。
エゴイズム的だ(^^;)

障害学生に対していいたかったことなら書く意味あるかも。
いや、でも提言ではなくて、
こんな学生がいたんだ、ああそうだよなあ、的な。
参考資料として。

それのために応募してみようかなあ。

やっぱり自意識過剰かなあ…。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...