2012年8月23日木曜日

10年後どんなふうに生きていきたいか

10年後、私は下記のような心持ちで暮らしていたいです。

好きな人たちを信じ、心から相手のことを思うことができる関係性。そのなかで支えた下さる方々に感謝しながら、持って生まれたこの身体でできることを実践していく生活。

私にできることとは
 ●縁のある人を理解し、受け入れていくこと
 ●相手の話を聴き、寄り添うこと
 ●支えていただくことに、罪悪感、恐怖、理想を持たないこと(エゴイズムを捨てること)
 ●偏った関係性にならないように最善を尽くすこと
 ●相手のためを思って行動すること

10年後の生活を実現させるためにしていくこと
 ●多分野の勉強
 ●身近な人たちを大切にすること
 ●冷静に考える癖をつけること
 ●感じたら思考を働かせることを忘れずにおこなうこと

このメモは随時更新します

障害のある人生

今日、ある方と自立についてのお話になりました。 先日ここに書いた内容のことを話したんだけれど… 以前からお付き合いのある彼女は、本に残して欲しいと言います。 私も書けるものならかきたいけれど、 どうやって書いていいかわからないというか、イメージがわかないというか、 ...