2011年3月21日月曜日

小指の様子

シーネがとれたきき手の小指は、まだ薬指と一緒に貼り付けてあります。
今までの頑丈な処置に比べると、折れてしまいそうな心もとなさ。(もう折れていましたね(^^;)
今日、ひさしぶりに指もはだかになってシャワーを浴びました。久しぶりの全身浴(小指込み)。とても嬉しかったです。

嬉しかったと言えば、地震が起きてから今日までの間、予定していた介助の方も来て下さって、日常生活を送ることができました。

東京の小さなパニックは落ちつきつつあるみたいだけれど。

あたりまえのことがあたりまえにあることがどんなに幸せなことなのか。
私はもっとそのことを感じることが必要なようです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...