2010年12月3日金曜日

うまいいいかたないかな

この間、久しぶりに家族と話して、
私が生まれた年の話になりました。

私がいちばんの厄を背負った

そんなふうな話となり

ちょっぴり、たくさんむかついてしまったのでした。

生まれてもう45年。厄をかぶったならもっと苦しみようがあるかも。
だいたい、この体はどうも自分で選んだみたいだし。
別に不幸とは無縁だし。
なんて、少しネガティブシンキング。ごめんなさい。

重い障害を持った娘を育てるのはそれはそれは苦労したと思う。

ただちょっとだけ
家族と私との認識のギャップに圧倒されてしまった、小心者の私でした。

身近な人の理解を求めないで生きるって、ときどきとっても難しい。
だからって、うまく切り返せないんだよな…(^^;)

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...