2016年10月31日月曜日

スポーツ観戦

カープと日本ハムの日本シリーズが終わりました。あまり野球は見なくなりましたが、盛り上がっているニュースにつられて、しばらくぶりにテレビを野球にして見たりした秋です。

この時期に間近でスポーツ観戦をする機会があり、区内の体育館へ。
某団体の、ソフトバレーボール大会。

車椅子の私は、2回の観戦席には行けないので、体育館のフロアで観させてもらいました。


2面で対戦が進んで行ったので、どっちを見ていいのか一人で混乱していたり。
間近で見るといろんな音にドキドキして、終わる頃には体が熱くなっていました。

なるべく一箇所で動かないようにして見ていたんだけれども、その方が試合の流れや審判さんの動き、準備する側の流れも伝わって来たので、良かったのかなと思っています。

ソフトバレーボールって、少し前までのバレーボールのルールに似ていて、分かり易かったです。
コートが小さいのには少し驚きました。

実際にやると、また違う気持ちなんだろうな。

なかなか体育館のフロアでスポーツ観戦など機会がないので、いい時間になりました。

この機会に気がついたことは、人はそれぞれほんとに個性的だなあということ。
この大会の黒子で参加した人たちと一緒に過ごしてみて(私も黒子でしたが、作業はできないので観戦させてもらっただけ)、まとめるとか正しいこととか、間違うこととか、そういうこととは別の観点からものを見るって必要なことなんだと教わりました。
心に余裕を持って体育館にいることができました。

上手く言えないけれど、やり方や形や諸々のことにこだわっていた以前の自分だったら、何ができていて何ができていないかというように、状況も自分のこともジャッジしていたんではないかと思います。

そうしたらこんなふうに、周囲の流れを楽しむ心が持てたかどうか。それだけ我が強かったんだなあ、なんて、過去の私を遠目で見たりした、ひとときでした。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...