2016年8月31日水曜日

それが私の生きる道

週末は予定もなくなって、久しぶりに24時間テレビをつけたり消したりしていました。

30数年前に(もうそんな前なの??)この番組から電動車椅子をいただいた私。二十歳前に電動車椅子で外に出られるようになったのは、この番組のおかげ。

両親と営んでいた文房具屋の取材に来てくれたのもこの番組。
初めて自立生活をしたまちで、私を支援してくれた団体の先代代表がドラマの主人公になったのもこの番組でした。

毎年見たり見なかったりだけれども、今年は、いろんな人生のあり方を見せていただいた、というものが感想です。

それぞれの人生、いろんなことを乗り越えて今笑っている人たち、哀しみを抱えながら生きている人、家族の思い出を語った人。
私にとっては、生き様を教わったひとときでした。

人生の岐路に立った時、人は何を選ぶか。その気持ちはなんなのか。
ドキュメンタリー特集を見た感じでした。

このような番組がないと、あえて自分の家族とか、気持ちとかを見せることはないだろうし、テレビの前に座る私も、知ることはなかったのだろうな、と。

今年のテーマは、「愛 それが私の生きる道」。この番組によって多くのこどもたちの夢も叶って、よかったなあと純粋に思ったりしていました。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...