2015年11月7日土曜日

彼女は絶好調

彼女はねずみ。体長10センチぐらいのいえねずみです。
昨夜私達はご対面。最近まとものエサを食べてない彼女は、夕食のぶりダイコンにつられたのか、食事中に顔を見せました。
今日はただ今絶好調。リビングをえさ探しです。参りました。
私は別の部屋に避難。部屋がいくつかあることに感謝です。

今日は玄関の上がりかまちの下に大きな穴を発見。前に住んでいた人がバスタオルをつっこんでふさいでいたらしく、そしてすべてふさがれていたわけでもなく、もしかしたらここから彼女たちはあがりたい放題だったのではと思いました。
樟脳入りのバスタオルをつっこんでもらい、家中、ひとあし早く大掃除です。
食べ物もお茶もすべてふた付きの入れものに。家の中もいちだんとハーブ臭くして。

明日はほんとうにねずみほいほい買わないと。仕方ない。追いだせない。

野生のねずみの、何とも言えない怖さも味わっています。可愛いのに、そんなこと言っていられないと思ってしまう。
鳩だったらえさにつられて外に連れ出せるのに、ねずみは賢いですね。そうもいかない。

やっぱりねずみと共同生活はできないなあ。

家探しも視野に入れるか−?

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...