2015年3月15日日曜日

一つのことを変えると

とても小さなことだけれど、月3回ほど通っているプールの曜日を変えてみることにしたのですが、そうしたらお世話になっていたボランティアさんとお別れすることになりました。

その方は初日に付き添って下さった方で、私に水の中の気持ち良さを伝えてくださった方でした。
曜日を変えてもお会いできると思っていたのですが。

ひとつのことを選ぶと、何かが変わっていく。それを怖がってはいけない。それはわかっているけれど、予想しない別れもさみしいものです。

昨日が最後の日。いつものように水中でお世話になって、さらりとお別れになりました。

四十路になって憧れる年上の方に出会えるなんてなかなかないと思うのですが、その方はとても素敵な女性で、私のような固定観念のできつつある参加者に接するときも、子供達に接するときも、その個人の人となりを大切にして、謙虚に、誠実に、付き合ってくださいました。
その姿勢に、私はいつも背筋が伸びる思いでした。


プールの日々はまだまだ続きます。いつかどこかで、ご縁がまた生まれることを祈って。

いつも日々は一期一会。感謝を胸に、明日をまたむかえます。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...