2015年2月23日月曜日

指つないじゃった

地下鉄の車内。親子連れがある駅から乗ってきました。

ベビーカーの男の子。そばでたつ小さな女の子。

男の子は、私の方へ手を伸ばしてきます。

人差し指を私が近づけると、ぎゅっとにぎってくれました。

けっこう気に入ってくれたみたいで、催促されました。

お母さんが
「イタイイタイだから」と止めようと。
「痛くないですから」といいながら、

『ちゃんとお風呂入ってきたし、わたしの手、この子がさわっても大丈夫だよな』などとそんなことを考えていました。

駅ではエレベータでその親子は私たちが乗るのを待っていてくれました。
女の子に
「なんさいですか」ときくと
「さんさい!」

元気な声がかえってきました。

いい時間でした。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...