2014年12月10日水曜日

2日間ほど休みまして

今日からまた通常の生活に。

もともと自律神経が弱いみたいなのですが、最近は更年期ということもあり、一度不具合を起こすと2日間はバテていますね。

他にも原因あるかも。ちょっと考えないと。

いろいろ、小さなことにひっかかっていたりもしたのですが、
もう少し、自分のために投資をしようということをやっと少し思うことができました。

もう充分なものをいただいているし、とてとても恵まれた環境だし、関わって下さる方々にも恵まれているので、これでいいと思っていたのですが、

寒さ対策とか、
外に出ていくためのいふくとか、
自分を楽しませるものも、もう少しあってもいいかなと。

ないというわけではなくて、ちゃんと買っているのだけれど、どこかで遠慮というか、いいんだろうかという気持ちがあったように感じたので。

いただくものはひとつひとつ感謝をして、いただいて、生活をしていこうと。

自立生活って、制度を活用して生きるのもひとつの生き方、という位置づけがあったはずで、私はそれを実現する目的もあってひとりで暮らし始めたんだけれども、

長く働いていたら、仕事がある方があたりまえというか、人並みの生活のように捉えてしまった自分がいて。

仕事を辞めたら、再就職の口がないことぐらいわかっていたし、毎日働く力量も何もかも不足していると知っていたのだけれども。

なんかまだ、何かを求めていたみたいです。

心でわかることって、本当に難しい。
頭ではわかっていたことなのですが。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...