2014年10月8日水曜日

あかい月

夜、介助の方と月食をぼんやり観ていた。

私は取らなかったけれど、その方はなかなか写真が撮れないという。みると本当に、何度写してもふつうの満月に見えた。
肉眼とカメラを通しての見方は違うんだと実感した。

月にあやかって、宇宙の話しに花が咲いた。月蝕のしくみや、日食のこと、引力のこと、恒星のこと。
どこまでがあっていて、どこまでが間違いなのかわからないままに。

すべて地球の影に隠れたときは、光沢のない赤茶色のおできのようだった。
不可思議な物が空に浮かんでいるような変な感覚に囚われた。
なんとなく、気味が悪かった。

おせんべみたい、といわれて、なるほどそれも似ていると思った。

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...