2014年10月4日土曜日

経験をからだに覚えさせるということ

昨日は、知人のお別れ会を兼ねたうち飲み会でした。
嬉しいことに8人でつつがなく愉しく過ごすことができました。

海外に旅立つ前の忙しいときに、旅立つ知人とこのような時間を過ごせたこと、そして企画側にならせていただいたこと、とても嬉しく思いました。
日程の都合上、全員が来れたわけではなかったけれども、知人が会いたがっていた方々が、会いに来てくれて、双方楽しそうに過ごす様子を観ることが出来て、とてもとても幸せでした。
いい経験が出来ました。

1つの機会を大事に過ごすこと、流れの中に冷静に居続けることの大切さを学びました。
こうやって、経験は血肉になっていくのだな、と。

また、ひとつひとつのやりとりが、関係を深めていくのだということも実感しました。

知人が日本にいない2年間、私も日々を大切にしよう(*^_^*)

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...