2014年10月17日金曜日

少しだけ不思議なこと

その1
数日前、トイレでのこと。
用事が終わった後、便座を見たら、はってあったはずの便座カバーが片方なくなっていました。
座るまではあったのに。

はがれてズボンなどにつくことはよくあることなので、いろいろ点検したけれど、ど、どこにもない。。

まさか、流れた?
あんな長い大きなものが?

確かに、少し薄めのものは使っていたけれど、流れちゃう物なのか…。
でも、その後もトイレはなんにも異常なく、快調に流れております。
気のせいのはずは無し。未だに見つかっていないし。

その2 
「あずきのちから」というあたため商品。厚めの肌ざわりのいい生地で小豆をくるんであり、レンジでチンして肩などをたためる奴。
ソファのしたにしまっておいたのですが。
先日見たら、あずきがあちらこちらにこぼれてる!!
そして、人差し指が入るぐらいの大きな穴がふくろに開いている!!

食べたのは、誰だろう。

Gさん(布をこんなに食いちぎれるンか)? チューさん(ふんがないからちがうと思うけど)?
コオロギさん?蛾の幼虫さん?

私にはわからない…。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...