2014年10月1日水曜日

福祉機器展

ふくしききてんと書いて変換したら複式貴店と出て混乱しました(^_^;)

友人に誘われてビックサイトで行われている福祉機器展に久しぶりに行ってきました。
あまり行かないんです。毎年開かれるけれど、たぶん数年ぶりです。

りんかい線が埼京線に乗り入れているからめっちゃ近くて助かりました。

私の友人はそこで見つけたい物があったのだけれど、残念ながら難しかったですね
福祉機器展て、福祉機器の開発状況や企業のアピールの場という感じなのですが、

どうしても介護する側やサービスを提供する側の視点でしか、レイアウトされていないように思うのは、私だけかなあ。
どうしてもユーザー側の視点にはなかなか立っていないように感じてしまうのです。

友人の試したかった物も、普段はある会社であつかっているものだったけれども、その日は普段あつかっているものは持ってきてなくて、その情報の載っている印刷物もなかったりして。
その企業のメインにみせたい器具については情報が多いんだけれども、そこの場で障害を持っている人が何を試したいかという視点がないのでした。
今回も残念。

もちろん、福祉関係の機関を普段から駆使して下さいと言うことなのかも知れないし、そこに行けば福祉関係全般の情報がわかって、いろんな立場の人のニーズが満たされる…という世界は最初からないのかも知れませんが。

ネットの方が情報が得られる、と、久しぶりに行った私はやはり思ってしまったのでした。

ブースの面積の都合もあるとは思いますが、日常の生活スタイルのニーズに応えるコーナーがあると、きっと必要とされる人がいらっしゃるのではないかと思いました。

友人との時間はとても楽しかった。ちらちらとすれ違う数人の人と挨拶できたこともよかったです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...