2014年8月5日火曜日

書くということ

最近、キーボードを打つと、間違えることが多くなりました。
私はかなモードなのですが、どうみても打つ場所がまちがっているんです。
どうしたんでしょ。

それはさておき、先日少し書いたように、長い文章を書き進めています。
書いているうちに、変な感じを味わいました。

章にテーマを授けて書いているのですが、いざ書き進めていくと思っていた内容のものの変わっているのです。
ストーリーが一人歩きしていくというか、書き途中なのに不思議です。

こんなこともあるんですね。

書くことで何が癒えるいくのか、わたしの心だけでなく、まわりが癒えることがあれば幸せです。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...