2014年8月14日木曜日

毎日の生活

毎日の生活はほとんどが何気ないことの繰り返しだから。
ものすごく変わったことなどそんなにはないものだから。

ある方が私に言ってくれた言葉です。
最近の私は、長い文章も書き終わり、学校関係も終わって、暑いし眠いし、少しだれています。

単調になりがちな日々がごく普通の日々ならば、今日やることはやっとかないと。
きっと今まで、私は、何かやっていますとアピールしないと、ちゃんと生きているって認めてもらえないような気がしていたのかも知れません。

認めてもらわなくても、怠けていると見られていても、自分のなかでちゃんと今日やるべきことができていたらそれでいいのでしょう。

認めてくれる何かを外に求めず、自身の中にしっかり持つこと。

今日はガス屋さんが来て、ガス管の調査をしていきました。
大家さんに、ガス管を取り替えた場合の見積もりを頼まれたとのこと。
数日前にガス屋さんから電話をいただいたときは「見積もりを確認して欲しい」とのことだったのでどういうこと?と思っていたのですが、実際には「見積もりをつくるための調査をしたいから家にいて欲しい」ということだったみたいです。
私が聞き間違えたのか、ガス屋さんの意図が違ったのか、もう今は定かではありません。
私もよく用件をはき違えるので、私の聞き間違いだったのかな、と今は思っています。
人とのコミュニケーションをきちんととるのは本当に難しいと、日々思います。

好きな歌詞 ーートモエ学園ーー

福山さんの歌は、好きな歌もあるけれど、あまりハマらないのですが、この歌はとても好きです。 「窓際のトットちゃん」の本も好きだったけれど、トットちゃんの世界を別にしても、とても心にしみる詩です。 子供目線が少し入るから、優しくわかりやすい詩になっています。 いい先生や、友...