2014年7月25日金曜日

ともだち

いつも月末は、友人とすごす時間に恵まれていて、とても嬉しいです。
今月は、前半から、自分から約策して時間を作ってもらうことも多い月でした。

友人を大事にできていたか、そんな気持ちが今めぐっています。
小さい頃から、仲のいい人を作れていたのか、おとなになってからはどうだったのか。

気が合うとか、そりが合うとか、そんなことを感じられるようになったのは、最近なのかも知れませんし、私はあまりいい人間ではなかったように思います。

いい人になりたかった、という欲望は、いろんなところで影響していたように思うのです。

いい人になるのではなく、心に気持ちいいことを積み重ねて、今でも友だちでいてくれる人たちとのいい時間をすごしたいな、と思っています。

全は一、一は全

先日、知人に尋ねられて、そういうこともあったかなあということがありました。 銀座の歩行者天国のおはなしです。 数年前、ストリートパフォーマンスをそこでみたという話を、知人に私はしたらしく。 覚えていないのです、悲しいことに。 書きたいことは、忘れっぽくなったということで...