2014年6月7日土曜日

我がふりなおせ

人の言い方が野暮なことはわかるのに、自分の言い方はきっとわかっていないのだろうな。

野暮な言い方というのは、イライラとするもの
まわりの方々にフォローしていただいて、なんか自分が情けなかったな。

野暮な言葉を粋に返せるようになりたいな。

そして私もいつか、野暮なことを言わないような装いを身に着けたいものです。
精進するしかないですね。

お世話になる立場なのに、わきまえてないのは私ですね。


話変わって、板橋の旧川越街道は、一歩通行のところがあります。
一方向からの車をみていればそんなに危険はないのだけれど、駐車する車が多いから、歩道を通れないことも多く。

止まっている車をよけて、走っている車を避けて、自転車に気をつけて通るのだけれど。

駐車禁止とかそういうルールは、あってもないもの。
ルールを守らないから、その人は悪人、というわけではありません。

そう言うことは日常茶飯事。そして事故に遭うほうが、ふちゅういだったということになるのでしょう。

人はいつも、自分よりの人生を生きていて、
私もその一人。
他人にどんな迷惑をかけているかは、実はわかっていないことが多く、
平和に過ぎた1日を、奇跡とも思わずに、あたりまえの1日だと思って生きているのかも知れません。

野暮な自分だけれど、粋にいきたい。
うまく行かないけれど、努力をしたいと思います。

明け方の夢

なんだかわからないけれど、突然ある男性から、逢わないか、と言われました。なんでこんなかっこいい人が私なんかに会いたいのだろうと、少しウキウキしていると、しばらくしてから見知らぬイケメンの(というか好みの)男性から、同じ時間にデートの申し込み。 こんなことってあるの??と思いなが...